遺言執行を代わりに行ってもらうことはできる?

法律相談を受けていると、「被相続人の遺言で、遺言執行者に指定されているが、遺言執行を代わりに弁護士に依頼することはできますか」という相談を受けることがあります。

そこで、以下では、遺言執行者の復任権について説明して参ります。

遺言執行者の復任権

改正前の民法1016条では、「遺言執行者は、やむを得ない事由がなければ、第三者にその任務を行わせることができない。ただし、遺言者がその遺言に反対の意思を表示したときは、この限りでない。」と規定されていました。

したがって、遺言者が、遺言執行者が第三者にその任務を行わせることができる旨の遺言をしなければ、基本的に、遺言執行者は第三者にその任務を行わせることができませんでした。

しかし、改正後の民法1016条では、「遺言執行者は、自己の責任で第三者にその任務を行わせることができる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。」と規定しています。

したがって、遺言執行者は、遺言者が、第三者にその任務を行わせることできる旨の遺言を行わなくても、第三者に遺言執行者の任務を行わせることができるようになりました。

ただし、改正後1016条のただし書きに記載の通り、遺言者が、遺言執行者が第三者にその任務を行わせることができない旨の遺言をした場合には、遺言執行者が第三者にその任務を行わせることができませんので注意が必要です。

 

遺言執行の復任をお考えの方は、ぜひ当事務所までお気軽にご相談ください。

初回のご相談料は無料とさせていただいております。

関連記事はこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.