弁護士費用(税込)

弁護士費用の目安はこちらです。
実際の費用に関しては、正式なお見積りを出させていただき、ご説明させていただきます。

相談料

初回相談料:0円
通常   :5500円(30分)
まずは初回無料相談をご活用ください。

相談対応 平日 9:00~18:00

電話受付(電話番号:0120-927-122

相続発生後の方

相続人確定・相続財産調査プラン

相続人調査

3.3万円+取寄書類の通数×1,100円+取寄実費

※通常の郵券は事務所負担。

相続財産調査

11万円

※不動産は名寄帳で取れる範囲のもの。
※銀行は沖縄県内の5行まで(過去10年分)
※沖縄県外の銀行は1行あたり16,500円。
※証券会社や保険会社を調査する場合は1社あたり16,500円

遺言書調査

3.3万円+実費

※公証役場及び法務局への調査に限られます。

相続調査パック(相続人確定・相続財産調査プラン)

サービス内容

①相続人調査および確認
②相続関係説明図及び法定相続情報一覧図
③相続財産調査(不動産、預貯金等)
④遺産目録作成

料金

11万円

※相続人4人以上の場合は1名につき¥5,500追加
※金融機関は基本沖縄の5行以外で1つ増えるごとに¥5,500追加

遺産分割協議書作成(交渉なし・定型)

着手金:無料

報酬金:11万円~

遺産分割協議・調停プラン(交渉などにより争いをまとめる必要がある場合)

着手金

27万5千円
(調停期日5回まで。6回目以降は1期日3万3千円)
(協議期間5か月まで。6か月目以降は1か月3万3千円)
※交渉、面談含めて弁護士が、お客様の代わりに問題解決に向けて代理人  として稼働します。
※相続人相続財産調査とまとめて依頼される場合、33万円(税込み)。
※原則として、お客様お一人当たりの料金となります。
※協議から開始し、調停移行の場合には追加着手金11万円、審判手続移行の場合追加着手金0円、審判に対し即時抗告する場合は追加着手金22万円がそれぞれ発生します。

報酬金

得られた経済的利益の額の11%(最低報酬額55万円)
※ 経済的利益とは、調停、審判又は協議で決定した、お客様が相続する財産(不動産、有価証券等については、相手方との間で決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)とします。)の合計額を意味します。
※ 日当については、ご相談時に弁護士からご説明いたします。
※ その他、実費として、郵便切手代・印紙代・交通費等が別途かかります。

遺産分割後の手続

相続登記申請:1件あたり6万6千円(別途,登録免許税などの実費)
預金解約:金融機関数×3万3千円
その他手続(軍用地など):1件あたり11万円~(業務料によって増額)

相続放棄

財産(負債を含む)の相続を放棄したい方向け

報酬額:5万5千円(追加1名あたり3万3千円)

相続で揉めている方

遺留分交渉・調停・訴訟プラン

 請求する場合

着手金  16万5千円
※相続人相続財産調査とまとめて依頼される場合、22万円。

報酬金  得られた経済的利益の11%(最低報酬額77万円)
※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として11万円が発生します。
※ 得られた経済的利益とは、遺留分の請求により獲得した財産の合計額を意味します。獲得した財産が不動産や有価証券等については、相手方と決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)で合計額を計算させていただきます。

 請求される場合

着手金:38万5千円
※相続人相続財産調査とまとめて依頼される場合、44万円。
(期日5回まで。超過分は1期日につき3万3千円)
(交渉期間5か月まで。6か月目以降は1か月3万3千円)

報酬金:得られた経済的利益の11%(最低報酬額55万円)
※ 調停移行時に追加着手金は発生しません。訴訟移行の場合は追加着手金として11万円が発生します。
※ 得られた経済的利益とは、相手方の遺留分請求を退けることが出来た金額の合計額を意味します。対象財産が不動産や有価証券等については、相手方と決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)で合計額を計算させていただきます。

遺言無効

遺言の有効性調査

報酬:220,000円
医療機関・介護施設などからの資料請求、筆跡鑑定の整理、遺言の有効性に関する助言を行う。※実費は別途。

遺言無効確認訴訟

着手金

49万5000円(期日5回まで。6回以降、1期日3万3000円)
※遺留分減殺請求訴訟(請求する側、される側)と併合されている場合も同様。
※相続人相続財産調査とまとめて依頼される場合、55万円。

報酬金
①遺言無効確認の訴訟を提起した場合(勝訴して遺言が無効となった場合)

報酬金:経済的利益の11%(最低報酬額66万円)
※引き続き遺産分割協議事件を依頼する場合は0円(遺産分割協議事件の着手金と報酬金を別途設定致します。)

②遺言無効確認の訴訟を提起された場合(勝訴して遺言が有効となった場合)

報酬金:経済的利益の11%最低報酬額66万円
※引き続き遺産分割協議事件あるいは遺留分減殺請求事件を依頼する場合には、これらの着手金と報酬金については別途減額調整を致します。

相続が発生する前の方

遺言代書サービス(定型)

サービス内容

各種遺言作成のアドバイス

料金

自筆遺言証書作成:11万円
※法務局の保管制度のご利用をお勧めします。この場合、法務局に支払う手数料が別途必要になります。

公正証書遺言作成:16万5千円
※上記金額は全て税込金額。
証人1名につき1万1千円

遺言作成コンサルティング

サービス内容

遺言の効力の確認

②税務コンサルティング

料金

上記、遺言書作成(定型)料金に加え相続財産額によって下記を加算。

相続財産額 追加
5,000万円以下 11万円
5,000万円~1億円以下 16万5千円
1億円~2億円以下 22万円
2億円超 27万5千円

ビデオメッセージ

サービス内容

遺言作成に加え、遺言者のメッセージをしっかりと相続人にお伝えするための大切なビデオメッセージを作成します。
簡易版は弁護士がメッセージ内容をアドバイスしながら、撮影するものです。
デザイナープランは、上記に加え、プロの動画制作会社による本格的な動画作成サービスとなります。

料金

簡易プラン(10分):5万5千円

デザイナープラン スタンダード(10分):33万円

プロ(20分):50万円

遺言執行

33万円+相続財産の3%

遺言執行に際して法的手続きが必要となった場合、費用が加算される可能性があります。

※財産額の評価は、原則として、相続発生時の総相続財産額(時価)を基準とします。時価の算定が困難な場合は、相続税評価額を基準とします。
※上記のほか、実費(印紙、郵券、登録免許税、交通費、振込手数料など)が別途必要になります。

遺言検認

料金

11万円(税込み)

サービス

必要書類の取得(戸籍謄本等)実費別
裁判所提出書類の作成・提出 実費別
検認期日の同行(県内)
検認済証明書の申請

民事信託(家族信託)

信託契約書作成:最低報酬額55万円

公正証書の場合:上記に5万5千円加算 実費別

信託実行

①不動産信託登記は1件につき8万8千円~
※実費(印紙、交通費など)が別途必要になります。
②金融機関等の手続代理は1件につき×3万3千円

信託期間中の監督・指導:月額1万1千円~5万5千円
終結処理の代理

①不動産関係は1件につき5万5千円
②手続き対象法人数×3万3千円+信託対象財産の3%

成年後見開始申立

料金

22万円~
※事件に関連する場合10万~15万

サービス内容

①成年後見に関するアドバイス
②必要書類の取り寄せ 実費別
③裁判所提出書面の作成・提出

任意後見契約作成プラン

料金;11万円~

よくあるご質問

効果的に相談を進めるため、無料相談の際に準備した方が良いものはありますか?

まず準備して頂きたいのは以下の4つになります。

①わかる範囲での相続人の関係のメモ
②わかる範囲での相続財産(負債も含む)の資料など
③その他遺言書や相手方からの手紙等
④今回の相談に至るまでの経緯

(何にお困りか、解決したいことは何なのか、簡単なメモなどで大丈夫です。まとめて頂きますと相談がスムーズに進みます)

まだ被相続人(親や祖父母など)が亡くなっていないですが、相続の相談は可能でしょうか?

はい、可能です。
今後について少しでもご不安なことがございましたら遠慮なくご相談下さいませ。
事前にご相談頂く事で,争いを未然に防ぐ方法がないか検討したり、起こり得る争いに備えて事前に対策を考えたりすることが出来ます。

相続人全員が遠方にいるため事務所にお伺いすることが難しいのですが、相談可能でしょうか?

はい、可能です。
ZOOMや電話などで対応が可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

本人ではなくても(例えば家族や友人などでも)代わりに相談ができますか?

相談は可能です。
ただし、事実関係を詳細に把握されているご本人様による相談の方がより適切なアドバイスが可能です。また、ご相談の際には『より効果的に相談を進めるため、無料相談の際に準備した方が良いものは?』の資料をご本人が纏めたものをお持ちいただけますと助かります。
また、実際にご依頼いただく際には必ずご本人様の意思確認をさせて頂きます。

依頼をした際に、弁護士にどこまでおまかせできますか?

相手方との交渉だけでなく、必要な戸籍の取り寄せ、各金融機関等への照会などをお任せいだたけます。
ご依頼人と打合せを行いながら、書類作成及び提出などを行います。

土日や営業時間外でも相談を受け付けていますか?

基本的には平日の午前9 時~午後6時までの営業時間内で相談をお受けしています。
弊所では毎週土曜日に「無料相続相談会」を開催しておりますので,お問い合わせください。

弁護士に依頼するまでの流れを教えてください。

まずはお電話LINEの公式アカウント、当サイトお問い合わせフォームからご連絡頂きましたら、ご相談の日程調整をさせて頂きます。面談後、見積書を発行することも可能です。
その後、ご依頼が決定しましたら、改めて委任契約の締結を行います。

見積もりを提示された後で弁護士費用が追加でかかることはありますか?

交渉でまとまらずに調停へ移行する際や、別途訴訟提起が必要な場合などに追加の着手金が発生する場合もございますが、その場合にはその場合には委任契約の段階で事前にご説明させて頂き、依頼者様のご承諾を頂いた上で新たな委任契約を締結致します。また、いずれの案件も経費実費は別途頂くこととなります。

弁護士費用の見積もりは可能でしょうか?

面談後や委任契約を締結する前には必ず、【お見積り書】をお渡ししています。

解決までの期間は、どのくらい見込めばよいでしょうか?

相続する財産の量や、相続人の数で異なってきますが、概ね、相続人・相続財産調査で2ヶ月~3ヶ月程度、交渉で解決する場合はおよそ半年~1年、調停や訴訟等の法的手続きを行う場合には1年~数年程度要することもございます。ご依頼内容によって変わりますので、ご相談の際に弁護士へお尋ねください。

0120-927-122
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    累積相続相談実績
    600件以上
    (2016~2021年)
  • 2
    初回相談0円
    完全個室の相談室
  • 3
    軍用地の相続に強い
    沖縄の実績多数
  • 4
    アクセス良好
    牧志・美栄橋駅
    徒歩10分
  • 5
    100件を超える顧問先
    から選ばれている
    信頼感
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

0120-927-122 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.