平日9:00~17:30 電話で無料相談を予約する
 

遺留分侵害額請求って?遺言で相続させないことはできる?弁護士が詳しく説明します。

遺留分侵害が発生する最も多いケースとは?

相続が発生したのち、遺言に「財産は全て長男に相続させる」と書いてあるといったような、法的に効力のある遺言書によって自分の遺留分が侵害されているケースです。

そのほかにも

遺留分を請求する立場だけではなく、遺留分を請求されることもあります。

・亡くなったお父さんの遺言書に「すべての財産をあなたに相続させる」と記載されており、他の相続人から遺留分侵害額請求をされてしまった。

・生前に多額の財産を贈与されていたが、他の相続人から遺留分侵害額請求をされてしまった。

遺留分侵害額請求をする手順

(1) 相続をする人同士で話し合う

まずは話し合いを始めることが、円満かつ迅速な解決を目指す第一歩です。

経験上、遺留分に関する交渉を行う際には、事前に我々弁護士が介入することにより、穏やかに交渉を進めることができます。

(2) 内容証明郵便

遺留分侵害額請求を行うには、生前贈与や遺言によって多額の財産を受け取った相手に対し、内容証明郵便で意思表示を行いましょう。

口頭では後に言った言わないの争いが起きる可能性があるため、必ず内容証明郵便で行ってください。相続の開始および遺留分を侵害する贈与または遺贈があったことを知った時から1年以内に行使しないと、時効により請求権が消滅するため注意が必要です。

(3) 調停による遺留分侵害額の請求

相続人同士の話し合いがまとまらない場合には、裁判所に調停を申し立てましょう。調停では、調停委員が双方の意見を聞きながら仲介してくれるため、直接話し合うよりも妥協点を見つけやすくなります。

ただし、調停委員は中立の立場であり、どちらの主張が正しいかを判断するわけではありません。そのため、しっかりと準備し、自分の主張を整理して臨む必要があります。特に遺留分減殺額請求の場合には法的知識が求められるため、弁護士に相談し、可能であれば依頼することをお勧めします。

(4) 訴訟による遺留分侵害額の請求

調停で解決しなかった場合には、遺留分侵害額請求訴訟を提起する必要があります。訴訟では、裁判官が法と証拠に基づいて判断するため、法的な主張とそれを裏付ける証拠をしっかりと準備することが求められます。訴訟の準備には専門的な知識が必要であり、適切な証拠を収集し、整理して提出することが重要です。訴訟を提起する際には、弁護士に相談し、どのような証拠が必要か、訴訟準備の進め方についてアドバイスを受けることを強くお勧めします。

遺留分侵害額請求を行うには、遺産の内容や生前贈与、遺贈の内容を調査し、請求できる遺留分侵害額を計算する必要があります。これらの作業は複雑であり、一般の方が行うのは難しいため、遺留分侵害額請求を行う際には、弁護士のサポートを受けることをお勧めします。

遺留分侵害額請求の難しさについて

遺留分侵害額請求を自分で行うことは不可能ではありませんが、現実には非常に大変です。

まず、遺留分侵害額請求をするためには、遺産として何があるのか、生前贈与や遺贈として何があるのかを詳細に調査し、請求できる遺留分侵害額を計算しなければなりません。これらの作業は何度も役所や銀行に行き、証拠となる書類を集める必要があるので、多大な時間と労力を要します。多くの人は途中で挫折してしまうことが多いです。

さらに、遺留分侵害額請求の交渉や手続きを進める際には、最終的に訴訟になった場合の展開や見通しを予測しておく必要があります。有利に訴訟を進めることは、一般の方にはまず難しいです。裁判官がどの証拠を重要とするかなどは法律に精通していないとわからないからです。

遺留分侵害額請求を行う際には、これを熟知した弁護士に依頼することが最終的には最適な解決方法となるでしょう。琉球法律事務所の弁護士は、多くの遺留分侵害額請求のケースに関わった経験があり、その専門知識を活かしてサポートいたします。

もし、遺言や生前贈与によって自分の相続分が明らかに少なく、遺留分が侵害されたのではないかとお考えの場合は、お早めにご相談してください。

お気軽にお電話下さい!

0120-927-122

ご予約受付時間:平日9:00~17:30

※「相続のHPを見ました」とお伝えくだされば
スムーズにご案内できます。

 

遺留分トラブルの解決事例はこちら

※改正民法で、遺留分はお金を請求する権利となりましたので、不動産を請求することはできなくなりました。ただし、遺留分侵害額請求された側が話し合いでお金の代わりに不動産の相続認める場合は、不動産を取得できることになります。

このように弁護士に依頼をすることで、相当な遺産額を獲得できる場合もあります。

琉球法律事務所では、過去1500件の相続相談の実績から、お客様に合わせた解決方針をご提案させていただくことが可能です。

遺留分侵害額請求の

弁護士費用は、お客様の取得金額より

高くなることはありません。

気になるのは、依頼したときの弁護士費用がいくらかかるのかですよね。実際に弁護士に依頼したときにかかる費用と、お客様が遺留分を取得できた際に手元に残る金額を計算してみました。

※別で実費などの細かい費用が数万円発生します。
※現金だけではなく、土地や建物なども経済的利益に含まれます。
※基本的なシミュレーションになります。
※遺留分侵害請求をする場合のシミュレーションです。

 

★300万円獲得できた場合

【弁護士費用】

110万

【お客様が取得できる金額】

190万円

★500万円獲得できた場合

【弁護士費用】

110万円

【お客様が取得できる金額】

390万円

★1,000万円獲得できた場合

【弁護士費用】

132万円

【お客様が取得できる金額】

868万円

★3,000万円獲得できた場合

【弁護士費用】

352万円

【お客様が取得できる金額】

2648万円

 

琉球法律事務所の料金表

実際の費用につきましては、相続財産が複数ある場合など、案件によって異なるため、依頼前に正式なお見積りをお渡ししておりますが、弁護士費用は、お客様の取得金額より高くなることはありません。

内容 詳細 費用
請求する場合 着手金 200,000円+税(税込220,000円)
報酬金 得られた経済的利益の11%
※最低報酬額800,000円+税(税込880,000円)
請求された場合 着手金 400,000円+税(税込440,000円)
報酬金 得られた経済的利益の11%
※最低報酬額600,000円+税(税込660,000円)

お気軽にお電話下さい!

0120-927-122

ご予約受付時間:平日9:00~17:30

※「相続のHPを見ました」とお伝えくだされば
スムーズにご案内できます。

相談フォームはこちら

沖縄の遺留分侵害学請求

琉球法律事務所が選ばれる理由▽

 

その1:沖縄の相続に強い

琉球法律事務所事務所では、

トートーメーや軍用地、国際相続のような

沖縄特有の相続案件に強みがあります。

頼れる弁護士があなたをサポートします

 

その2:お客様に合わせたご提案

弁護士数が男女合わせて9名いるため

徹底的に戦って、遺産金を獲得したい

争いごとを避け、穏便に済ませたい

など、お客様のご要望に合わせた

ご提案が可能です。

お客様とのご相談風景

 

その3:県内支店数No.1

沖縄で支店を展開している唯一の法律事務所になります。

那覇・読谷・ライカムの3つの支店があり、
支店数は沖縄県内No.1。

そのため来所がしやすく、沖縄全域のサポートが可能となっております。

綺麗でリラックスできる事務所でお待ちしています!

 

▽お悩みをお聞かせください

0120-927-122

ご予約受付時間:平日9:00~17:30

※「相続のHPを見ました」とお伝えくだされば
スムーズにご案内できます。

相談フォームはこちら

 

▽当事務所の具体的な案件

【理不尽な相続】兄弟が平等な遺産分割を拒否!?
法定相続分の獲得するまでの事例

依頼前の状況

ご相談者様は5人兄弟(兄4名)の末っ子でした。遺産分割の話し合いでは長男が主導となり、男兄弟4人で同盟を結び、「長女であるご相談者様には一切相続させない」方向で話し合いが進められました。
長男はご相談者様に「遺産分割協議書に同意しろ」と執拗に迫ってきました。ご相談者様としても、自身も子どもの1人であることから、長男が主張している分割方法には納得できないと伝えました。しかし、長男はご相談者様の話に聞く耳を持たず、それどころか、何度も電話をかけてくるようになりました。
ご相談者様は気が滅入ってしまい、長男からの電話を無視していましたが、今度はメールで「来週、自宅に行くから。その時に遺産分割協議書に署名と押印をするように。そうしないと許さない。●●家を崩壊させるつもりなのか」という脅しともとれるメッセージまで送ってきました。
そのような状況の中で、ご相談者様は、長男の要求に自分自身ではどうしたらよいのか分からなくなり、当事務所にご相談に来られました。

依頼内容

当事務所は、上記のご相談を受け、「ご相談者様にも、法定相続分を獲得する権利があるので安心してください」と説明しました。また、当事務所の腕の立つ弁護士が対応すれば、その権利を実現できることをお伝えしました。

対応と結果

当事務所はその場ですぐに、長男に対して電話で以下のことを伝えました。

①今回の遺産分割についてご相談者様の代理人となったこと
②今後の遺産分割協議については、ご相談者様に連絡するのではなく当事務所に連絡すること。

しかし長男は、「本人に話をすることがある」等と主張してきましたが、当事務所から、ご相談者様が長男と連絡を取り合うことを望んでいないと説明し、必ず当事務所に連絡するように伝えました。
この一件から、長男からご相談者様に対する連絡や訪問は一切なくなりました。その場にいたご相談者様からは、「他の事務所も相談したけど、その場で長男に連絡してくれるところはなかった。通話内容を聞いていて安心した。本当にありがとう。」と言っていただけました。
その後、当事務所は家庭裁判所に対して調停の申立てをし、法定相続分を取得する内容の調停を無事成立することができました。

 

【遺留分侵害】兄が全ての遺産を相続!?
弁護士の力によって600万円の遺産を相続できた事例

依頼前の状況

ご相談者様は、生前の父から「遺産のうちの1つの土地については、お前に相続させるつもりだ。」と聞いていました。しかし、ご相談者様の兄がすべて相続をしてしまったのです。

依頼内容

ご相談者様はこのような相続に納得がいかず、「土地を取得をしたい」と当事務所にご相談に来られました。

対応と結果

通常であれば遺留分(最低限の取り分)を請求して、その分の金銭を得ることになります。

しかし本件では、ご相談者様が土地の取得を希望していたため、弁護士が間に入り遺産分割協議によって土地を取得することを目指しました。(※現行法では、遺留分侵害請求は金銭のみ可能になります。)

預貯金の額、不動産の評価等の財産調査を徹底的に行い、遺留分で取得できる金額を算定して交渉に臨みました。
遺留分の請求による金額が多額であったため、相手(ご相談者様の兄)はお金を払うよりも土地の1つをご相談者様に取得させるということを選び、結果として、
ご相談者様が希望した600万円を取得することができました。

 

▽琉球法律事務所のことがもっと知りたい

たった3分で雰囲気が分かる動画!

再生ボタンを押すと、その場で視聴ができます。

※2022年の動画なので一部情報が古い可能性があります。

これで最後です!

お気軽にお電話下さい!

0120-927-122

ご予約受付時間:平日9:00~17:30

※「相続のHPを見ました」とお伝えくだされば
スムーズにご案内できます。

気になっていること(複数選択可)必須
お名前必須
ふりがな必須
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
郵便番号必須
住所必須
無料相談の希望時間(複数選択可)任意
土曜相談を希望かどうか必須

総合メニュー

相続の基礎知識

遺言書について

遺産分割について

遺留分侵害額請求について

相続放棄について

地域別相談

0120-927-122受付時間
9:00~17:30

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.