相続を放棄する手続き

20160624_016.jpg

相続財産には、現金、不動産、預貯金などのプラス財産だけでなく、住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれています。マイナスの財産の方が多いような場合、つまり、被相続人に多額の借金があったような場合に、相続をしたくないという気持ちにもなるでしょう。


もちろん何らかの理由で、プラスの財産ばかりでも、相続したくないという気持ちになる場合もあります。

いずれの場合でも、自分の意思で相続を一切しないという手段をとることが認められています。

これを相続放棄と言います。

相続を一切しない場合には相続放棄をすることができますが、そのほかにも限定承認という方法、それから、普通に相続する場合として単純承認というものがあります。

以下では、この3つについてご説明します。

単純承認

被相続人の財産の一切を継承する方法です。
この場合は特別な手続きをする必要はありません。また、遺産の一部でも分割して取得したり処分したりすると、単純承認をしたものとみなされます。

限定承認

相続で得るプラスの財産の範囲で、マイナスの財産(たとえば、借金など)を相続するという方法です。

相続によってプラスにもならないが、マイナスにもならない、という方法です。したがって、プラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかが分からない場合に、有効な相続方法だと一応考えられます。もっとも、この限定承認は、相続人が全員でしなければならない等、独特の問題があります。ですから限定承認をしようと考えたときは弁護士や税理士にきちんと相談するようにしてください。

限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。

限定承認のデメリットは、非常に手間と時間がかかること、法定相続人が複数いる場合には必ず全員で手続をしなければならないことです。

相続放棄

被相続人の財産を放棄し、一切の財産を相続しない方法です。
遺産がプラスの財産よりもマイナスの財産(例えば借金など)の方が多い場合、あるいは借金ばかりでプラスの財産がほとんどないような場合に、よくとられる方法です。もっとも、プラスの財産ばかりでも、何らかの理由で相続したくないときにも、この方法を取ることができます。

注意しなければならないのは、手続きです。単に、相続人の誰かに、「自分は相続を放棄する」と言えばいいわけではありません。家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出しなければ、正式に相続放棄をしたことになりません。また、その手続きは、相続人が相続開始をしった時から3ヶ月以内におこなわなければなりません。相続開始をしった時というのは、通常は被相続人が亡くなった時ですから、葬儀などの法事をとこなっているうちにあっという間に3か月が経過してしまうので注意が必要です。気づいたときに相続放棄をしたくてもできなくなってしまう恐れがあるのです。

なお、第1順位の相続人(子どもなど)が相続を放棄した場合は、第2順位の相続人(父や母など。)が相続することになり、第2順位の相続人が相続放棄をすると、第3順位の相続人(兄弟)が相続する、という風に順々に相続人が代わりますので、注意が必要です。

関連ページはこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.