遺産分割調停を欠席するとどうなる?

法律相談を受けていると、「他の相続人から遺産分割調停を申し立てられ、裁判所から期日に出頭するよう手紙が届いたが、欠席することはできますか」という相談を受けることがあります。

そこで、以下では、遺産分割調停を欠席した場合にどうなるかを説明して参ります。

遺産分割調停は欠席者がいると調停不成立となり審判に移行する

遺産分割調停は、相続人全員が出席し、どのように遺産分割を行うことを話し合う場です。しかし、調停を欠席する相続人がおり、相続人全員で遺産分割方法を決定することが出来ない場合には、調停不成立となります。
そして、調停不成立となると、審判手続きへ移行することになります。

遺産分割審判手続移行後の欠席

遺産分割調停は、相続人が話し合いにより遺産分割方法を決定する手続ですが、遺産分割審判は、裁判官が、各相続人から提出された書類等に基づいて遺産分割方法を決定する手続です。

遺産分割審判手続は、欠席する相続人がいても進行します。

遺産分割審判は、基本的には法定相続分で遺産を分割するため、欠席した相続人にも法定相続分の遺産の取得が認められることが多いです。

しかし、法定相続分を修正する事項である特別受益や寄与分については、各相続人による主張・立証に基づいて裁判官が判断することになるため、遺産分割審判手続きに出席して、このような主張・立証に対して反論を行わない場合には、相手方に有利な審判が出される可能性があります。
したがって、各相続人間で特別受益・寄与分について問題となっている場合には、遺産分割審判に出席して、自己の主張を行う必要があります。

 

当事務所では皆様の円滑な遺産相続実現のため、初回のご相談料は無料とさせていただいております。お気軽に当事務所へご相談ください。

関連記事はこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.