異母兄弟がいる場合の相続方法

遺産分割の協議を進める場合に、まず重要なのは、誰が遺産を相続する権利を有しているのかを調査することです。

この相続調査のなかで、思ってもいなかった相続人がいることが分かる場合があります。特に多いのが異母(又は異父)兄弟姉妹の存在が発覚する場合です。

法律上は、父親と母親が同じ兄弟姉妹のことを全血兄弟姉妹、父親あるいは母親の一方だけが同じ兄弟姉妹のことを半血兄弟姉妹と呼びます。

これまで一緒に生活したこともなければ、名前すら聞いたことがない場合であっても、異母(又は異父)兄弟姉妹には相続をする権利があります。

遺産を相続する場合の割合

まず、父親あるいは母親が亡くなった場合の相続では、全血兄弟姉妹であっても、半血兄弟姉妹であっても、相続する割合は同じであり、平等に遺産を分ける必要があります。

しかし、例えば、兄弟姉妹のうち1人が亡くなった場合に、その兄弟姉妹に子がなく、両親もすでに他界しており、その配偶者と兄弟姉妹のみが相続人となるような場合には、半血兄弟姉妹の相続する割合は、全血兄弟姉妹の相続する割合の2分の1となります。

いずれの場合でも、異母(又は異父)兄弟姉妹を含めずに遺産を分けてしまうと、後で遺産分割をやり直す必要がありますので、遺産分割の前には必ず相続調査をすることをお勧めします。

関連記事はこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.