長男が遺産分割の話し合いに応じないため、弁護士が介入したところ、わずか3か月で遺産分割を終え、2000万円程度の相続財産を獲得できた事例

長男が遺産分割の話し合いに応じないため弁護士が介入したところ、わずか3か月で遺産分割を終え、2000万円程度の相続財産を獲得できた事例

ご依頼者様の年齢、お住まいの地域

50代後半、那覇市

ご依頼者様が法律事務所に相談に至った経緯

被相続人であるお母様が所有していたアパート(収益物件)の相続についてご相談にいらっしゃいました。
相続人はご相談者の他に、お父様と、長男、二男でした。お父様と二男はご依頼者に相続分を譲渡することを決められていらっしゃいましたが、ご長男さんとは話ができないような状況でした。
今回問題となったアパートには、以前ご長男さんが2つの部屋に住まわれていたことがあり、その時の私物が置いたままになっていました。そのためその部屋を貸すこともできず、困っていらっしゃいました。
ご依頼者様の目的としては、2部屋にわたって占拠している荷物を出し、部屋の原状回復をし、無条件でご依頼者様が単独取得する遺産分割を成立させたいというものでした。

弁護士が対応したこと

まずは相手方に対して、アパートの使用を継続してきたことで既に十分な経済的利益を受けている旨と、その部屋の原状復帰と明渡しのお願い、アパートをご相談者が単独取得することを認めていただきたい旨の通知書(内容証明)をお送りしました。
その後,相手方から電話で「話をしたい」とご連絡をいただきました。
相手方には2~3回事務所にお伺いいただき、お話をさせていただきました。お話合いのなかで当初ご長男様は代償金が欲しい意向のようでしたが、これまで長年にわたり部屋を利用し利益を得られていることなどをお話したところ、最終的にはご依頼者様のご意向を全て承諾いただけました。

結果

相続財産は金額に直すと、約2000万円程度獲得することができました。
解決期間は3か月程度と非常にスピーディーに解決できました。

担当弁護士の所感・今回の事件のポイント(担当弁護士:秀浦先生)

20160624_036.jpgのサムネール画像

今回のような事案では調停(裁判所での解決)になってしまうと、法定相続分の代償金を相手方にお渡しすることになるような事案でした。

今回は相手方と弁護士が穏当に丁寧に交渉を進めることができたことで、ご依頼者様にとって利益の大きい事件解決結果となりました。
ご依頼者様が相手方と話し合いが不可能と判断し、早期に弁護士に依頼したことで、利益の最大化・早期解決を図れた事案でした。
相手方が話をできないような状態であれば、ご自身で遺産分割協議を進めようとせず、早期に専門家へ依頼すべきです。

関連記事はこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.