遺留分減殺請求について早期に協議により解決したBさんの事例

20160624_009.jpgのサムネール画像

相談者:Bさん

被相続人との関係:子(4人)

争点:遺留分侵害額、遺言の有効性

●背景

相談に来られたBとDさんは3人兄弟のそれぞれ、長男と長女でした。
被相続人である母は、生前、公正証書遺言を残しており、その内容は、不動産等遺産のほぼすべてを二男Cに相続させるというものでした。
遺言の作成時期
は、被相続人の母が介護施設に入所する3カ月程前で、既に痴ほうの症状が現れていたということで、その遺言は、当時、母の預金等を管理していた二男が公証人役場に連れて行って作らせたものだろうということでした。

●弁護士の関わり

認知症で既に意思能力がない状態でなされた遺言は無効になるので、遺言を無効としたうえで遺産分割協議を行うということも視野に入れましたが、明確な医学的証拠がないため、遺言の無効を確認する訴訟を提起してかかる時間と費用について説明をしたうえ、結論的には、遺言の有効性を前提とした遺留分減殺請求で協議を進めました。

結果として早期に協議をまとめ、BさんDさんそれぞれ2000万円づつ価格弁償を受けることで解決となりました。

●所感

特定の推定相続人が関与したと思われる遺言は、内容がこのケースのように極端ですと、遺言の有効性から問題になることも多いです。
そうでなくとも、特別の事情がないのに特定の相続人にのみたくさんの遺産を与える遺言は、せっかく遺言をしたにもかかわらず、被相続人の死亡後になって相続人同士の争いを引き起こすことになってしまします。

しかも、その場合には、生前の被相続人の預金の動き等ありとあらゆる問題が噴出し、感情的になり、すべての当事者が疲弊する泥仕合になりかねません。
このような場合にも、冷静に証拠に照らしながら事件の行く末を見据えつつ、迅速に事件を解決する方向性を示すことが大切であると考えています。
このケースでも、この方向性について丁寧に分析と説明をした結果、早期の解決につながりました。

遺留分減殺請求のご相談を検討されている方へ

遺留分減殺請求したい.png遺留分減殺請求をされた.png


遺留分減殺請求をされた方へ、遺留分減殺請求をされてしまった方へのご相談を強化して受け付けております。

関連記事はこちら

098-862-8619
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    多彩な弁護士集団に
    よる手厚いサポート
  • 2
    相続の専門家との
    協力なネットワーク
  • 3
    国際通りから
    すぐの好立地
  • 4
    数多くの顧問先から
    選ばれている信頼感
  • 5
    気兼ねなく質問できる
    親身な対応
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

098-862-8619 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.