遺言に遺産は何も相続できないと書かれていた依頼者が、最終的に希望の相続不動産(600万円相当)を獲得できた事案

相談者の属性

A様(仮名)40代男性

相続財産の種類

不動産

相談の背景

A様のお父さんが亡くなり、お父さんの遺言によって、すべての財産をA様のお兄さんが相続しました。

A様は、生前お父さんから、「遺産のうちの1つの土地については、A様に相続させるつもりだ。」と聞いていましたが、結局、A様のお兄さんがすべて相続してしまったのです。

A様は、このような相続に納得がいかず、当事務所にお越しになりました。

弁護士が対応したこと

通常であれば遺留分(最低限の取り分)を請求して、その分の金銭を得ることになります。ただ、本件では、A様が土地の取得を希望していたため、弁護士が間に入って、遺産分割協議によって、土地を取得することを目指しました。

その前提として、預貯金の額、不動産の評価等の財産調査を徹底的に行い、遺留分で取得できる金額を算定して、交渉に臨みました。

結果

遺留分の請求による金額が比較的多額であったため、相手は、お金を払うよりも土地の1つをA様に取得させるということを選び、結果として、遺産分割協議によって、A様が希望した土地(600万円相当)を取得することができました。

弁護士からのコメント

遺産はというのは基本的には遺言の内容に従って相続されるのですが、相続人が遺産分割協議をすることによって、遺言とは違う内容で遺産を分けることも可能になります。

遺言があるからといって諦めずに弁護士に相談していただきたいと思います。

関連記事はこちら

0120-927-122
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    累積相続相談実績
    600件以上
    (2016~2021年)
  • 2
    初回相談0円
    完全個室の相談室
  • 3
    軍用地の相続に強い
    沖縄の実績多数
  • 4
    アクセス良好
    牧志・美栄橋駅
    徒歩10分
  • 5
    100件を超える顧問先
    から選ばれている
    信頼感
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

0120-927-122 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.