【相続・遺言Q&A】長女夫婦に相続財産を継がせたくありません。最小限に抑える方法はありますか?

ご質問

20160624_016.jpg

長女夫婦に相続財産を継がせたくありません。最小限に抑える方法はありますか?

当事務所からの回答

最も過激な方法ですが、長女夫婦に相続させたくない理由が、例えば長女があなたを虐待したとか重大な侮辱をした とかいうように、廃除事由に該当するような行為が行われたことにあるのであれば、長女を排除することにより、相続権をはく奪する方法があります。この場合、長女は相続権を喪失するので、全く相続できなくなります。

次に、一般的な方法としては、長女に相続財産を継がないような遺言をすることが考えられます。

もっとも、法律上、遺留分といって、相続人(姉妹兄弟を除く)には、最低限確保できる相続分が保証されています。遺留分を侵害するような遺言をしますと、後に、相続人間で遺留分減殺請求などという争いが生じる恐れがあります。

もちろん、長女が遺留分侵害を問題にしなければそれで済むのですが、そうでない場合は遺産な相続人間の紛争になります。
ですので、最小限に抑える方法としては、あげたくないかもしれませんが、遺留分の割合を意識して最低限度の遺産を遺言で長女に与え、それ以外を別の相続人に配分するような遺言をすることが考えられます。

関連ページはこちら

0120-927-122
受付・相談時間 9:00~18:00(夜間・土日応相談)
沖縄で相続・遺言・家族信託に関するご相談は弁護士法人琉球法律事務所
HOME 選ばれる理由 弁護士紹介 解決事例 弁護士費用 事務所紹介 ご相談の流れ

弁護士法人琉球法律事務所が選ばれる5つの理由

  • 1
    累積相続相談実績
    600件以上
    (2016~2021年)
  • 2
    初回相談0円
    完全個室の相談室
  • 3
    軍用地の相続に強い
    沖縄の実績多数
  • 4
    アクセス良好
    牧志・美栄橋駅
    徒歩10分
  • 5
    100件を超える顧問先
    から選ばれている
    信頼感
当事務所が選ばれる5つの理由こちらから

コンテンツメニュー

0120-927-122 受付・相談時間
9:00~18:00
(夜間・土日応相談)

対応エリア

市別の対応地域
沖縄市、那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市
島尻郡
与那原町、南風原町、久米島町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、八重瀬町
国頭郡
国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村
中頭郡
読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町
宮古郡・八重山郡
多良間村、竹富町、与那国町
初めての方でも安心してご相談いただける地元沖縄・那覇の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人琉球法律事務所(沖縄弁護士会所属) All Rights Reserved.